ここでは、「 オンラインゲームを始めよう! 」 に関するカテゴリーを紹介しています。

オンラインパーク トップページへ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 [ スポンサー広告 ]
| TOP▲

オンラインゲームを始めよう!その1  

オンラインゲームって?
オンラインゲームに必要なもの
オンラインゲームは無料?有料?

略語でオンゲー、ネットゲーム、ネトゲとも呼ばれています。
インターネットを使って複数の人が同時に参加して行われるコンピュータゲームです。
1つのゲームを通じて、遠くに住んでいる友達や、今まで会ったことのない人達と遊ぶことができ、自分以外のプレイヤーと共に冒険や対戦、会話などをして楽しむことができます。
インターネット接続環境
ネットができないと、もちろんMMORPGなどのオンラインゲームはできません(笑)
インターネットに接続できるPCで、回線はADSLや光ファイバーなどの高速のものならば、
ゲームサーバへの接続速度も速くなり、オンラインゲームの動作も安定します。
接続料金を気にしなくていい常時接続が望ましいです。
動作環境:パソコンのスペック(性能)
スペック条件を満たしているほうが、より最適なゲームプレイが行えます。条件がそろっていないと、画面が表示されなかったり、音が出なかったり…とゲームができないことも。
ゲームによって推奨のスペックが違うので、遊びたいゲームを始める前に自分のパソコンのスペックが条件を満たしているか、各ゲームサイトで確認することが大切です。
PCスペック(パソコンの性能)
CPU
情報処理能力の速さ、数値が大きいほど処理スピードが速い。Pentium3/Pentium4など
メモリ
情報を一時的に記憶する部分。256MB以上~など
ハードディスク(HDD)
データやファイルを保存できる容量のことで、ゲームによって推奨の空き容量が必要となる。2.5GB以上~など
DirectX
PC上でゲームプレイやビデオ視聴をするときに必要。DirectX8.1以上など
サウンドカード
簡単に言えば音を鳴らすためのカードで、高性能なほど音質が上がる。
ビデオカード
グラフィックカードとも呼ばれていて、パソコンの画面を表示するための様々な処理を行う増設ボードのこと。強化すれば3Dゲームをより快適に楽しめる。 GeForceFX 以上など
OS
パソコンを動かす為の基本となるソフト。
Windows98/2000/XP/VISTA、Macintoshなど
自分のパソコン環境を調べよう 各ゲームによって課金方法や支払い方法は異なります。
数年前までは月額定額制が主流でしたが、最近ではアイテム課金制のものが多くなっています。事前にチェックをしたうえでゲームで遊びましょう。
課金の種類
アイテム課金制
(基本無料)
一部のアイテムを購入した時にのみ料金が発生します。ゲームするためのソフトも無料でダウンロードでき、基本的に無料で遊ぶことができます。
月額定額制
(基本有料)
月々決まった額を払う月額制は、主に課金後30日を基準としてゲームを遊ぶことができます。月額の料金はゲームにより様々です。体験無料期間が設けられている場合もあります。
◇このサイトでは、アイテム課金制(基本無料)と月額定額制のゲームを紹介しています。
◇正式サービス前のテスト段階のゲーム(クローズドβやオープンβ)では、無料でプレイできる場合もあります。
支払い方法
支払い方法は、WebMoney、銀行振り込み、クレジットカード、コンビニ払い、ISP決済などがあります。ゲームによって支払い方法が異なったり、取り扱っていない場合があるのできちんと確認しましょう。
スポンサーサイト

自分のパソコン環境を調べるには  

パソコンスペックの確認方法
ハードディスクの空き容量の確認方法
DirectXの最新版を入手する


自分のPCが動作環境を満たしているかを確認するには
まずPCのスペックを確認しなければなりません。
OS・CPU・メモリ・ハードディスク・グラフィックボード・DirectXのバージョン等のスペックは「DirectX診断ツール」で調べることができます。

確認画面1

1.Windowsのデスクトップ、左下にある「スタート」をクリックし、
メニューの中にある「ファイル名を指定して実行」を選びます。



確認画面2 2.「ファイル名を指定して実行」画面で「dxdiag」と入力し
「OK」を押すと「DirectX 診断ツール」という画面が表示されます。
起動時に確認画面が出た場合は「はい」を選んでください。

確認画面3 3.「システム」タブを選択
 「システム情報」欄で、オペレーティングシステム(OS)、プロセッサ(CPU)、メモリ、DirectXのバージョンなどの情報が確認できます。


確認画面4 4.「ディスプレイ」タブを選択
  「デバイス」欄でグラフィックボードの名前やメモリ合計(容量)などの情報が確認できます。

Windows Vista版の場合も、基本的に調べ方は変わらないと思います。
「スタート」→スタートメニューの一番下にある「検索の開始」と表示されている欄に「dxdiag」と入力→スタートメニュー最上部に「dxdiag」と表示されるので、これをクリックする。
ハードディスクの空き容量は、以下の方法で調べることができます。
デスクトップ上の「マイコンピュータ」をダブルクリック → ローカルディスクを右クリック → 「プロパティ」を選択 → 「全般」タブで確認できるはずです。 Microsoft社のウェブサイトからダウンロードすることができます。
マイクロソフト DirectXダウンロードページ
http://www.microsoft.com/japan/windows/directx/default.mspx
にほんブログ村 ゲームブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ

+ 一押しパソコンSHOP +
ゲーム用に作られた、各ゲーム会社推奨スペックパソコンならBTOパソコンのフロンティア
 オリジナルPC「Prime」を中心に、自作パーツ・周辺機器類など、カスタマイズ可能な格安パソコンが勢揃い!
パソコン工房全国展開している自作系パーツショップ。GAMEモデルも充実。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。